プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
漫画紹介その3 【バトルブレーダー刃】
050330s.jpg作者/
作画・西川秀明/原作・鈴木俊介
掲載誌/
講談社・コミックボンボン夏休みジャンボ増刊号(94年)
単行本/
なし


 コミックボンボンの増刊号に掲載された読み切り作品。当時、流行っていたローラーブレードを題材に、西川秀明らしい熱血少年漫画に仕上がっている。

 高知から東京に出てきた刃渡刃。なんといっても東京はバトルブレードのメッカ。憧れの東京の地で浮かれる刃は、ひょんなことからひとりの少女を助ける。そして、バトルブレードのプロチームに巣食う薬の存在を知ることに。

 原作は鈴木俊介氏であるが、とりあえず忘れてもいいかもしれない。なぜならこれでもかっ、というくらいに西川節が幅を利かせている。そう、本作は西川秀明らしさに溢れているのだ。イヤミのない熱血少年、かわいいヒロイン、そしてバイオレンス。まさに西川秀明である。

 当時はガンガンで「ZMAN」を連載中。時期的には7巻あたりか。現在まで単行本への収録はされていない(ハズ)。原作付き、あるいは講談社がネックになっているのかもしれないし、西川秀明自身あまり重要視していないのかもしれない。しかし、このまま埋もれさせてしまうのはもったいない。だってZMAN世代には面白い作品なんだから。

※タイトル「バトルブレイダー刃」と本誌の表紙や目次に打たれているが、おそらく誤植。

“漫画紹介その3 【バトルブレーダー刃】”の続きを読む>>
スポンサーサイト
過去ログ | 【2005-03-30(Wed) 03:19:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
漫画よもやま話その2 【コミックボンボンはエロい】
 昔から妙にエロ度の高かったコミックボンボン。親の目を盗んで御童カズヒコ先生の「温泉ガッパドンパ」を読みふける経験をした人もいるはず。子供が親に見られたらこの上なく気まずい、そんな漫画を常々連載しているのがボンボンなんです。児童誌と侮れませんよ。


 で、程度の差はあれ、あざとくエロを絡める作品もあれば、毎回プロットの中にエロが大前提として入ってるような作品もあります。例えば帯ひろ志先生の代表作「ゴエモンシリーズ」は前者、現在連載中の「やわらか忍法SOS」は後者です。


 この下の「続き」は一応、周りに注意して、こっそりと見てください。

“漫画よもやま話その2 【コミックボンボンはエロい】”の続きを読む>>
過去ログ | 【2005-03-21(Mon) 23:59:59】 | Trackback:(3) | Comments:(47)
カードの保存方法
050317as.jpg

 1ページ10枚だから3ページでぴったり収まるキリのよさ。全て未開封のままファイリングしてます。上手く大きさの合うファイルもあったもんだ。こうやってファイルに入れるとけっこういい感じだと思いませんか。

 ファイルする際に一番しんどいのがチョコのカス。ティッシュで地道に落としてます。


楽天通販
神羅万象チョコ20入 2000円⇒1600円

過去ログ | 【2005-03-18(Fri) 00:34:38】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
これが当たりの「萌えカード」だ!
050317bs.jpg

 左から「鎧羅王ポラリス」「桃華仙ミヤビ」「眠り姫アルマ」「ナタージャ」。俺ランクだと「ミヤビ>アルマ>ポラリス>ナタージャ」。

 萌えカードが出ると、大きなお兄さんは通常の3倍嬉しいぞ。逆に「ガッシャ」「ラード」などの萎えカードもあるので注意が必要だ。なお、萎えカードとされる「スウィーム」は一部では癒されると、もっぱらの評判である。


楽天通販
神羅万象チョコ20入 2000円⇒1600円

過去ログ | 【2005-03-17(Thu) 13:23:30】 | Trackback:(2) | Comments:(4)
漫画紹介その2 【GUN BLAZE WEST】
作者/和月伸宏
掲載誌/集英社・週刊少年ジャンプ2001年2号~2001年35号(全28話)
単行本/全3巻(集英社・ジャンプ・コミックス)

 「るろうに剣心」をヒットさせた和月伸宏が満を持して連載したガンアクション西部劇。

 1875年、アメリカ。ウィンストン村に住むビュー・バンズはガンマンを夢みる元気な男の子。ある日、マーカス・ホーマーと出会い、「GUN BLAZE WEST(ガンブレイズウエスト)」の存在を知る。5年後、成長したビューは、憧れの西部へと旅立つ。腕に覚えのある強者だけが踏み入ることを許された約束の地「GUN BLAZE WEST」を目指して。

 思うように人気が上がらず、半年で打ち切りとなってしまった和月連載作品第2弾。理由は明白だ。あんま面白くない。ただ、読み返してみると、そう悪くはない気もする。和月先生の連載ということで、期待しすぎたせいかも。

 まず目に付くのが前作に比べて、より少年誌らしい作風への変化。賛否両論あろうが、この姿勢は評価したいところだ。

 物語の始まりはビューとマーカスの出会い。このプロローグ編はONE PIECEと似ている。ただ、あっちが短期間でシャンクスを強烈に印象付けたのに比べ、こちらは5週間を無駄に費やした印象しかない。このエピローグ編のせいか、全体的にダラダラとテンポが遅く感じてしまう。
 ヒロインのコリスが登場するあたりで、ようやく作品がこなれてくる。が、いかんせんコリスが出てくるのが中盤。もったいない。
 西部劇という縛りを緩くした終盤が、この作品の魅力だろう。甲冑男爵を筆頭とするやり過ぎ感すら漂うキャラクターたち。ジャンプの少年漫画らしい展開だっただけに残念。

 ちなみに単行本のオマケページは充実。愚痴もいっぱい。

“漫画紹介その2 【GUN BLAZE WEST】”の続きを読む>>
過去ログ | 【2005-03-14(Mon) 01:55:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
漫画よもやま話 【ダイの大冒険の続編は魔界編】
 90年代…熱烈なジャンプっ子だったボクの好きな漫画のひとつ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」。ドラゴンクエストにジャンプの三大原則(友情・努力・勝利)を丁寧に盛り込んだ傑作漫画だと思う。

 その最終回、スタッフロールと共に描かれたのは登場人物たちの「その後」であった。そこに勇者ダイの姿はない。ダイは世界を守るためにその身を犠牲にしたのだ。そして、消息不明のまま物語は幕を閉じる。

 大団円ではなく、なにかすっきりとしないエンディング。だが、この消息不明のダイが新たな舞台で冒険を繰り広げる構想があったことをご存知だろうか。ジャンプリミックス版の最終巻で原作者の三条陸先生が語った「魔界編」がそれだ。

“漫画よもやま話 【ダイの大冒険の続編は魔界編】”の続きを読む>>
過去ログ | 【2005-03-11(Fri) 20:26:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
漫画紹介その1 【魔人~DEVIL~】
作者/大暮維人
掲載誌/講談社・マガジンスペシャル2000年11号~2001年9号(全10話)
単行本/全2巻(講談社・講談社コミックスデラックス)

 マガジンスペシャルで連載された、大暮維人による怪奇ストーリー。

 本作は、マガスペ連載の1年ほど前に、週刊少年マガジンで前後編の読み切りが連載された(1巻収録)。この読み切りは、プロトタイプではなく、物語の下地となる物語である。通常、読み切りといえば末尾に収録する場合が多いが、最初にもってきたのはそういった理由だ。(同じ例として「まじかる☆タルるートくん」が挙げられる)

 連載作は、読み切りの数年後が舞台。第一話から読み切りの主人公テツが登場するなど、世界観の共有を匂わせていた。ただ、マガジン掲載から時期が経っているので、覚えている人は少なかっただろう。また読み返そうにもそのマガジンはすでになかったので、読み切りも収録と謳った1巻の発売を楽しみにしていた記憶がある。

 大暮氏の画力、テンポの良さはやはり上手い。個人的には大暮作品の中では一番にオススメできる。他作品に比べてとっつきやすい面はあるだろう。


“漫画紹介その1 【魔人~DEVIL~】”の続きを読む>>
過去ログ | 【2005-03-10(Thu) 21:40:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
このブログについて
このブログは過去のインタビュー記事等を抜粋して紹介していきます。
文中に「~略。」と書かれた部分以外にももともとの設問をカットしている部分もありますので、場合によっては前後のつながりがおかしいところがあるかもしれません。

またゲームの攻略サイトの紹介もしています。

ブログの内容について何か問題がありましたら、メールをください。早急に対処いたします。
メールはこちらのメールフォームからどうぞ。

リンクについて
リンクフリーです。ご自由に張ったりはがしたりしてください。

トラックバックについて
ご自由にどうぞ。

未分類 | 【2005-03-01(Tue) 21:09:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。