プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
SDガンダム クリエイターインタビュー
題材
SDガンダム

出典元
G2O Volume.8
(アスキー・1999年12月発刊)

語り手
横井孝二(デザイナー)
浜田一紀(デザイナー)
桧山智幸(デザイナー)
栗原昌宏(シナリオ)
平松昭彦(シナリオ)
今石進(デザイナー)
寺島慎也(デザイナー)




横井 『模型情報』に投稿しているときに、編集部の方にカプセル担当の方を紹介していただいたのがキッカケですね。塩ビでSDガンダムをはじめるんで、デザイナーとして僕に声がかかったんです。

桧山 当時の横井くんの絵はサイズが小さくて、拡大すると線が荒れちゃうんで、拡大してからトレースして原稿にするのが私の仕事でしたね(笑)。

■■■■■■

今石 <前略>/で、ちょうどその頃「逆襲のシャア」の公開にあわせてホビー事業部が“BB戦士”を再開させるため、デザインコンペをやるというので僕も参加して、それでνガンダムとサザビーが通ったんです。

今石氏のνガンダムやサザビーで復活したBB戦士は、以降途切れることもなく現在も続くロングヒットとなった。


■■■■■■

横井 その頃にはボンボンで4コマ漫画をはじめてたんで、『こいつとこいつは双子で忍者!』とか『大将軍はこうしちゃお!』とかどんどん描いてたんですよね。平松さんが設定作ってると、横からチャチャいれる感じで(笑)。

今石 4コマ漫画が掲載されたボンボンを読んで、こいつら親子だったのか!ってわかるんですよ(笑)。

■■■■■■

桧山 カードダスのほうで、オリジナルの世界を作りたいというのがあって。ちょうどドラクエとかのRPGが流行ってた時期でしたし、ナイトガンダムがいいだろうと。

■■■■■■

浜田 当時羨ましかったのは、戦国伝にしろ外伝にしろ、横井さんがデザインを起こして、それを他の人が商品デザインにするとか分業だったんです。でも『ガンドランダー』はストーリーは平松さんにやっていただいたんですが、ガシャポン用のディスプレイパネルの絵から、商品デザインから全部ひとりでやっていたので、『もぅ駄目』とか思ったこともありましたね(笑)。

■■■■■■

寺島 デザインという部分では今石さんにかなわないと思っていたので、自分なりの武者をやりたいなぁと。ギミックへ傾倒しただけなんですけどね(笑)。/<中略>/でもギミックに凝り過ぎちゃって、本当はあの価格では納まらない商品になっちゃたんです(笑)。大鋼はおかげさまでよく売れたんですが、担当さんは上司に怒られちゃったという(笑)。

大鋼の価格は1500円。SDタイプからリアルタイプへの変形が可能。このコンセプトは以降何度も使われ、人気を博した。


■■■■■■


生みの親・横井画伯こと横井孝二氏をはじめとするクリエイターインタビュー。SDガンダムはレイアップという会社で開発されており、もちろん全員がレイアップ社員である(このインタビュー時では平松氏、桧山氏を除き、すでに全員退職しているようだ)。現在も一部はSDガンダムに関わっており、BB戦士で展開されているSD三国伝では今石、寺島両氏がデザインやパッケージを手がけている。

玩具INT | 【2009-02-10(Tue) 13:06:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。