プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
漫画よもやま話 【ダイの大冒険の続編は魔界編】
 90年代…熱烈なジャンプっ子だったボクの好きな漫画のひとつ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」。ドラゴンクエストにジャンプの三大原則(友情・努力・勝利)を丁寧に盛り込んだ傑作漫画だと思う。

 その最終回、スタッフロールと共に描かれたのは登場人物たちの「その後」であった。そこに勇者ダイの姿はない。ダイは世界を守るためにその身を犠牲にしたのだ。そして、消息不明のまま物語は幕を閉じる。

 大団円ではなく、なにかすっきりとしないエンディング。だが、この消息不明のダイが新たな舞台で冒険を繰り広げる構想があったことをご存知だろうか。ジャンプリミックス版の最終巻で原作者の三条陸先生が語った「魔界編」がそれだ。


 本編の終盤でラーハルトを復活させたのは、ダイがドラゴンの騎士として魔界で活躍する続編への伏線だったんです。新竜騎衆は、海戦騎にクロコダインを、空戦騎に新しいキャラクターを、そして陸戦騎はラーハルトしかいないと思ったんです。で、続編の具体的な内容なんですけど、最終話から5年後、地上に残されたポップたちがダイをさがしてですね…

リミックスより引用


 終盤ではすっかり活躍の場を失ったクロコダインが復活(死んでないけど)。新規パーティーでは、ダイはバランのような振る舞いを見せるのだろうか。

 魔界には3つの勢力があるんです。大魔王バーンと冥竜王ヴェルザーともう1人が、「負けたやつは石になる」っていう賭けをして、お互いに呪いをかけあったんですよ。だからダイに敗れたバーンは石像のようになってしまったんです。この第3の強敵を地上に出さないために、ダイと新生竜騎衆が戦う、という物語を予定していました。

リミックスより引用


 バーンの最期の石化も伏線だったという。ほかに「今はビィトが大変だから当分はちょっと…」とも語っている。もしかすると、近い将来「ダイの大冒険2」が登場するかもしれない。期待して待とう。


amazon.co.jp通販
ジャンプ・コミックス版ダイの大冒険(全37巻)
集英社文庫版ダイの大冒険(全22巻)

なお、ジャンプリミックス版はいわゆるコンビニ売りの廉価版です。この最終巻では、三条先生がほかにもいろいろなエピソードを語っています。現在、新書での入手はほぼ不可能かもしれません。
過去ログ | 【2005-03-11(Fri) 20:26:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。