プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリ
アクセスランキング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
雑記001
雑記のタイトルの数字を3桁にしたけど、途中で飽きてそこまでいかない気がする。

劇場公開決定 『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』

エウレカ劇場版の情報がいよいよ出てきた。キャラクターは同一で設定がまったく違うようで、初代マクロスの劇場版というよりはエスカフローネの劇場版に近い感じかな。

エウレカは放送前のプロモーションに力を入れていたものの、それに見合った結果が出せなかったイメージが強い。1、2話は神がかった出来だったけど、2クールあたりでドロドロしてきたのがちょっとマイナス。

全体的な質としては高かったと思うし、個人的にも好きな作品なのでパチンコでもなんでもとにかくまた脚光を浴びてくるのはウレシイ。2匹目のアクエリオンなるか・・・。


読むバンダイビジュアル YOMBAN

バンダイが運営するウェブコミック、ノベル等のサイトがオープンした。無料で読めるので暇な人はどうぞ。気になったのが星界シリーズで知られる森岡浩之氏のノベル。これ、イラストがスパロボの河野さち子にBB戦士の今石進コンビなんですね。

パソコンで読むの疲れるから、早く単行本にしてくれないかな。

雑記 | 【2009-02-06(Fri) 21:30:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
風雲ドラゴンファンタジーへの道1
袋とじのロマンシングサガ2の情報がどうしても知りたかった。

かの「コッペリア」を仲間にする方法である。現在のようにネットがあるわけでなく、小学生や中学生がゲームの正確な速報性を求めるならば「週刊少年ジャンプ」や「月刊Vジャンプ」に頼るしかなかった時代だ。もちろん迫り来る大作「ファイナルファンタジー6」も気になっていた。

前置きが長くなってしまったが、つまり袋とじの中身を見たかったぼくは、Vジャンプ(94年3月号)を購入したのだ。

“風雲ドラゴンファンタジーへの道1”の続きを読む>>
過去ログ | 【2006-08-23(Wed) 03:18:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「ドラゴンファンタジー」を手に入れました
df1.jpg 幻のファミコンソフト「ドラゴンファンタジー」を手に入れちゃいましたよ。馴染みの玩具屋が店をたたむらしく、倉庫を漁っていいとのことで、出てきたのがコレ。ほかにもゾイドやら元祖SDやらトランスフォーマーやら絶版玩具がいろいろとあったけど、欲しかったワタルが無かったのは残念。グランゾートはあったのに。

“「ドラゴンファンタジー」を手に入れました”の続きを読む>>
過去ログ | 【2005-04-01(Fri) 03:57:25】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
漫画紹介その3 【バトルブレーダー刃】
050330s.jpg作者/
作画・西川秀明/原作・鈴木俊介
掲載誌/
講談社・コミックボンボン夏休みジャンボ増刊号(94年)
単行本/
なし


 コミックボンボンの増刊号に掲載された読み切り作品。当時、流行っていたローラーブレードを題材に、西川秀明らしい熱血少年漫画に仕上がっている。

 高知から東京に出てきた刃渡刃。なんといっても東京はバトルブレードのメッカ。憧れの東京の地で浮かれる刃は、ひょんなことからひとりの少女を助ける。そして、バトルブレードのプロチームに巣食う薬の存在を知ることに。

 原作は鈴木俊介氏であるが、とりあえず忘れてもいいかもしれない。なぜならこれでもかっ、というくらいに西川節が幅を利かせている。そう、本作は西川秀明らしさに溢れているのだ。イヤミのない熱血少年、かわいいヒロイン、そしてバイオレンス。まさに西川秀明である。

 当時はガンガンで「ZMAN」を連載中。時期的には7巻あたりか。現在まで単行本への収録はされていない(ハズ)。原作付き、あるいは講談社がネックになっているのかもしれないし、西川秀明自身あまり重要視していないのかもしれない。しかし、このまま埋もれさせてしまうのはもったいない。だってZMAN世代には面白い作品なんだから。

※タイトル「バトルブレイダー刃」と本誌の表紙や目次に打たれているが、おそらく誤植。

“漫画紹介その3 【バトルブレーダー刃】”の続きを読む>>
過去ログ | 【2005-03-30(Wed) 03:19:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
漫画よもやま話その2 【コミックボンボンはエロい】
 昔から妙にエロ度の高かったコミックボンボン。親の目を盗んで御童カズヒコ先生の「温泉ガッパドンパ」を読みふける経験をした人もいるはず。子供が親に見られたらこの上なく気まずい、そんな漫画を常々連載しているのがボンボンなんです。児童誌と侮れませんよ。


 で、程度の差はあれ、あざとくエロを絡める作品もあれば、毎回プロットの中にエロが大前提として入ってるような作品もあります。例えば帯ひろ志先生の代表作「ゴエモンシリーズ」は前者、現在連載中の「やわらか忍法SOS」は後者です。


 この下の「続き」は一応、周りに注意して、こっそりと見てください。

“漫画よもやま話その2 【コミックボンボンはエロい】”の続きを読む>>
過去ログ | 【2005-03-21(Mon) 23:59:59】 | Trackback:(3) | Comments:(47)
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。